CLOWNS PRESS

CLOWNS PRESS とは、
「セルフマガジン」


私たちクラウンズが運営する店舗及びウェアハウス、
・POINT NO.39
・POINT NO.38
・WAREHAOUSE ASTON GARRET ROOM
にてご購入されたユーザー様の声を集めたオンラインセルフマガジンです。

一般のお宅や店舗やオフィスなど、ジャンルを問わず不定期でご紹介していきます。
皆様の暮らしが少しでも楽しくなるヒントになれば幸いです。


 


CLOWNS PRESS / VOL.0
「ヴィンテージライフを楽しむ」

-

スタートしたばかりの企画となりますので、初回は「VOL.0」といたしまして、
当社オーナー杉村の暮らしを少しではありますが、ご紹介いたします。





“揃える” にとらわれ過ぎず、まずは好きな物で。

目黒通り沿いにある築50年の旧いビルのワンフロアがオーナー杉村の住まい。
床や天井を取り外しスケルトンの状態にし、天井高を確保し床面積以上に広く感じられる空間に。
そして、そこに集められたこだわりの家具や雑貨たち。



「ソファはイギリス製で、ダイニングテーブルとチェアはアメリカ製」
自宅にある家具や雑貨類は時代や国もバラバラにしているとのこと。

頻繁に買い替えが出来ない家具だからこそ失敗はしたくないものですね。
素材や年代、テイストを “がちがち” に揃えた方が失敗しないというのが、
よくあるセオリーになっています。



でも暮らしの主役である、住まい手らしさとは?


そのひとつの答えが、まずはシンプルに、好きな物、自分で選んだ物を揃えるということ。
そして、そこにちょっとしたテクニックを
加えるとすれば、テーブルとチェアの脚のデザインを近いもので選ぶなど、
緩やかな共通点を少しずつ持たせることだそうです。








照明器具はインテリアの、
アクセサリー? ネクタイ? シューズ?


インテリアにとって照明器具は魔法のアイテムなのかもしれません。
これはもしかしたら、私たちだけが思っていること?なのかもしれませんが。
写真の照明器具は、POINT NO.39 オリジナルの照明器具。



10 BULBS LIGHT - 5step Black brass - OCH006A







「簡単に部屋の印象を一変させる照明器具。
時々変えてインテリアを楽しむ。」


インテリアの中で照明器具は、フォルムや素材の自由度の高いプロダクトの一つはではないでしょうか。
そのなかでも唯一、空中に有り、かつ灯りで空間に奥行きと濃淡を作ります。

例えば、男性ならフォーマルな服装にスニーカーを合せた瞬間にカジュアルな印象になるように、
照明器具も一つ変えるだけで今までのお部屋の印象がガラリと変わる魔法のアイテムなのです。
実際に杉村も照明器具の衣替えを推奨しています!


6 BULBS CHANDELIER - OCH019







インテリアは自分が楽しむもの

ファッションには、時に会社やデートなどTPOがあります。
しかし、インテリアは自由。自分自身の空間であり他人に評価されるものではありません。
そして食事や睡眠のように、
インテリアも私たちの暮らしに深く関わっているものです。

是非このサイトでいろいろと参考にしてもらいながら、
自分らしく暮らしが豊になるようなインテリアを、楽しんでもらえたら嬉しいです。

いつでもインテリアのご相談にのりますので、お店に遊びに来てください。



STAND LIGHT - OSL075