- POINT NO.39  /  CLOWNS -

年末のご挨拶

written by SUGIMURA  2020.12.30

 









今年も残すところ、
あとわずかとなってまいりました。



この一年はCOVID-19という禍が
人類に降りかかる大変な年となりましたが、
私たちPoint No.39スタッフ一同は、
多くの方々のご支援・ご協力を賜り
歩を止めることなく、
進み続ける事が出来ました。




”人は大変な時にこそ本性が出る。”


と言われますが、
私自身、こういった状況だからこそ、
人への思いやりと信念をしっかりと持ち、
他人に当たることなく、
穏やかであることに努める。
あくまでも努める。


そして、止まることなく挑戦を続ける。
と自分に言い聞かせ、奮い立たせています。




イベントなども開催できず、
人との接触を断たれる
コロナウィルスと対面し、
実店舗のあり方も問われました。


そしてソーシャルディスタンスを叫ばれる中、
世の中のリモート化が一気に進み
新たな仕事のやり方や人との
接し方が生まれましたが、
これにより「リアル」の重要性が身に沁み、
人とのつながりの時間が
さらに大切になってくるように思えました。



たまたまコロナ禍に突入する前に
Webショップのリニューアルへと舵を切り
店舗と倉庫を合併し会社を
スリム化したことが功を奏しましたが、
接客を生業とする我々は
今後もお客様との接し方を考え、
リアル、WEB、どちらも
追究するつもりです。



今年で11年目を迎えている
Point No.39ですが、
この10年でいろいろな事がありました。

2010年 「Point No.39」オープン
2011年 東日本大震災
2013年 姉妹店「Point No.38」オープン
2018年 Chambre de nimes BROCANTE
(シャンブル ドゥ ニーム ブロカント)の
経営権及び店舗を買収
2019年 Chambre de nimes BROCANTE
ブランド名を
ASTON GARRET ROOM」に変更し
店舗と倉庫を引っ越し。
2020年 コロナ禍中、
Webショップリニューアルオープン



そして、2021年
株式会社 CLOWN AND SONS
(クラウンアンドサンズ)設立



長い時間がかかりましたが、
ようやくスタートラインに
立てたように思えます。

2010年につけた屋号「CLOWNS

つらいときでも笑顔で居続ける
ピエロが接客の原点だと思い、
そういった芯の強い人が
集まる場所になれば良いな。
という思いを込めて

CLOWNS

という屋号を付けました。



これよりこの「CLOWN」は
象徴的存在とし、代表である私を含め、
スタッフ一人ひとりがその意志を受け継ぐ
SONS」(子供たち)と
なることになります。


会社として、代表として、これからは
より一層大切なスタッフを守りながら
しっかりと歩を進める。

お客様はもちろん、
家族や周りの人々を大切に思いながら
新路に突入します。


年末のご挨拶と社名変更のご挨拶が
一緒になってしまいましたが
関係各社様へは改めて
ご挨拶をさせていただければ幸甚です。

長くなりましたが、
医療従事者の方々への心からの感謝と
コロナ感染症が原因で亡くなられた方々への
ご冥福を祈りながら、
年末のご挨拶とさせていただきます。

来年も皆様にとって輝ける1年でありますように。




CLOWNS 代表 杉村 聡